今、若い世代を中心に話題のネットビジネス。
その中でも、特に話題を集めているYoutubeについてどう稼ぐのか、仕組みや現状についてまとめました。

そもそもYouTubeでどうやって稼ぐのかという点ですが、やはり有名かつメジャーな方法だと広告収入による稼ぎがあります。
動画が再生され、広告が表示されるたびに投稿者に広告収入として0.1円から1円ほどが支払われるといったものです。

しかし、この方法はチャンネル登録者が1000人以上で過去一年間の総再生時間が4000分、つまりは66時間分再生されYouTube上で良質なコンテンツと認められた場合のみ採用することのできる収益化方法です。

さらに、チャンネル登録者がこちらも1000人を超えてる場合のみ使用可能ですが、スーパーチャットを用いて生放送中に視聴者から投げ銭をもらう機能でも収益を発生させることができます。こちらは有名になればなるほど見込めるリターンも大きくとても高い期待値があるといえます。

それと似たような方法でメンバーシップ会員といったものもあります。
この方法もチャンネル登録者が1000人を超えてる場合のみ使用可能ですが、ファンに有料会員になってもらう方法です。有料会員しか見れないコンテンツなどを提供することで差別化を図り、有料会員への参加を促します。

ここまで読んで疑問に思ったかもしれませんが、チャンネル登録者が1000人を超えていないと稼げないのかと感じる方も多いはずです。

しかし、安心してください。チャンネル登録者が1000人未満でも稼げる方法は幾つかあります。
その一つとしてグッズ販売をするという方法があります。こちらは、チャンネル登録者が少なくとも熱狂的なファンやコアなファンがいれば収益につながりやすい方法といえます。主にマイナーなジャンルで活動しているクリエイター向けの内容といえます。

他の方法としては、YouTubeをPRとして活用する方法です。
例えば、企業が自社の製品をYouTube上で紹介することで、その魅力を伝え製品の購入につなげるといったようなイメージです。

ここでは、イメージしやすいように製品といいましたが、製品だけとは限りません。
例えば絵を描くことが得意な方がYouTubeにて自分の描いた絵を載せることで絵描きとしての仕事やロゴ作成の依頼を請け負うこともできます。
また、ほかのサイトで依頼を受ける際にもポートフォリオとして利用することもできるでしょう。